防犯カメラのワイヤレスタイプ利用の注意ポイント

男の人

監視の役割

家と鍵

室内やガレージ、庭などに仕掛けて監視する監視カメラ。監視カメラは、その目的が監視であるため、目立ちにくいものを利用します。玄関先の照明や、インテリア、火災報知器などにカモフラージュされたものもあります。防犯カメラと違い、目立って犯罪を牽制する効果はなく、主に犯罪の実行犯や手口の特定・証拠集めに使われることが多いアイテムです。近隣トラブルや、懸念事項があるときに設置されることも多いでしょう。例えば、庭や植木を荒らす犯人特定や、訪ねてくる人、家の中の子どもやペットの様子などの監視にも使えます。子どもやペットの様子を見るために使う人も多く、海外などではこの監視カメラにより強盗などの侵入や、子どもやペットのトラブルを知ることができたケースもあります。小さな子どもが家に一人残されるような環境であれば、監視カメラを用意しておく方が良いでしょう。また、痴呆の始まった家族などを心配して監視カメラをセットすることもあります。そうすることで家での犯罪トラブル察知のほか、急な体調不良や異常を察知できる可能性もあります。窓や玄関、郵便受けなどにセットしておけば、犯罪や嫌がらせ、いたずらなどの犯人特定に使えることもあります。自分が家にいないときの状況を知ることができるので、一人暮らしや共働きにもオススメです。長らく家を留守にするときにも、映像をすぐチェックできるタイプの監視カメラを活用して家の安全チェックをすることも可能です。