防犯カメラのワイヤレスタイプ利用の注意ポイント

男の人

未然に防ぐ効果

防犯カメラ

防犯カメラの役割は、名前の通り犯罪を防ぐということにあります。犯罪の牽制を行なうため、その見た目は目立つものが多いです。玄関先などに、いかにも「見ていますよ」というカメラがあれば空き巣や強盗も証拠を残したくはないので、その家をターゲットから外します。この役目をこなすだけなので、録画機能や映像配信機能はないダミーの防犯カメラでも十分に機能します。案山子や張りぼてでも、リアルで精巧に作られたものなら畑を荒らす動物の獣害を防げるのと同じです。ただし、偽物とバレると効果がないので、ダミーの防犯カメラを利用する場合にも見た目の精巧さや、見破られない仕組みが必要です。例えば、防犯カメラと一緒に、センサーで照明がついたり、アラームが鳴るなどの防犯グッズを利用するのも良いでしょう。こうした反応があると、見られている・作動していると思わせることができます。ほかにもダミーカメラに配線を繋いでおくことで、作動していると思わせることもできます。それらしい音や、光などのギミックがついているものもあるので、ダミーカメラを買う際にもチェックしてみると良いでしょう。ダミーだけでなく、録画機能がある防犯・監視カメラの役割をこなすものもあるので、用途に合わせて購入を検討しても良いでしょう。価格もダミーはかなり安く購入ができます。また、録画機能や配信機能がついているものは少し高くなりますが、機種や機能によっても価格は大きく異なるので、専門のショップやサイトで価格をチェックして決めましょう。